コンテンツ

GPS/GNSS製品
現行販売製品
補完製品
販売終了製品
製品マニュアル
ソフトウェア
製品情報 >> GPS/GNSS製品 >> 補完製品>> 後処理用ソフトウェアの紹介

後処理用ソフトウェア(effigis社製品)の取り扱い

はじめに
effigis社が開発・販売している1周波/2周波用GPS用の後処理ソフトウェア(OnPoz)は、HemisphereGPS社の全GPS製品に対応しております。本ソフトウェアは、GPS受信機用の
データ収集ソフトと後処理用ソフトから構成され、GPSの生データを後処理することにより精度が
飛躍的に向上します。

                            (※effigis社ホームページより)
    →製品について
    →後処理の精度
    →注意事項
    →お申し込み
    →カタログ・マニュアル

製品について


◆対応している計測方法
  ・Baseモード:ネットワークの基準になるベースデータを測定する方法。
  ・Staticモード: 観測点において、GPSアンテナを固定し長時間測定する方法。
  ・Kinematicモード:GPSアンテナを移動しながら位置を測定する方法。Lineデータ、
               Pointデータを容易に取得出来ます。
  ・Semi-Kinematicモード:Kinematicと同じですが、EZBarツールによって、観測時間を
                   大幅に短縮できます。
  ※対応するモードは、個々のソフトウェア製品をご参照ください。

◆1周波GPSデータ収集用ソフト
 
  ・測量に適したGPS計測ソフトウェア、取得データは、EZSurvで後処理が可能です。

 
  ・ESRI社のArcGISなど地理情報システムに向いたGPS計測ソフトウェアです。
  ・Shapeファイルなどで出力可能ですが、EZSurvで後処理も可能です。

◆後処理用ソフト
 
  ・L1、L2のGPSデータに対応した後処理ソフトウェアで、数センチの精度を実現します。
  ・処理解析グレードで下記、3種のソフトウェアタイプに分かれます。
     - EZSurv Lite  : L1 (Sub-foot)
     - EZSurv L1   : L1 Fix (Static、Kinematic、OTF-L1)
     - EZSurv L1/L2 : 2周波L1&L2 Fix(Rapid Static、Static、Kinematic OTF)

◆メーカーHPは、こちら → 
ページの上部へ ▲

後処理の精度



  ※上記の精度は、観測方法と観測時間に依存します。   
ページの上部へ ▲

注意事項


  ・ソフトウェアおよびマニュアル等は、すべて英語版となります。
  ・測量用の帳票出力ソフトは、含まれておりません。
  ・韓国の場合、電子基準点の自動読み込みはできません。マニュアル操作のみになります。
ページの上部へ ▲

お申し込み


     OnPoz ソフトウェアについては、お問合せメールまたは、お電話でお聞きください。
    ・メール → こちらへ     ・TEL:044-223-7071  FAX:044-223-7072 
ページの上部へ ▲